スーツの女性

自分好みのデザイン住宅を建てたいなら展示会に参加しよう

バリアフリー化する

住宅

袖ヶ浦市で住宅の建設を考えているなら、バリアフリーを取り入れた設計にすると老後も暮らしやすいでしょう。いくつかのポイントに絞るとバリアフリー化しやすいでしょう。例えば、室内であれば階段や廊下に手すりを付けくわえてみましょう。体力がある時は階段の上り下りも難なくこなせますが、老後は少しの傾斜でも体力を消耗してしまいます。その為手すりを取り付けて移動をスムーズに行なえる様に改良しましょう。

袖ヶ浦市の住宅では扉やドアを引き戸に変えるだけで、バリアフリー化することができます。引き戸は体力が無くても開閉しやすく、車いすのままでも使いやすいです。引き戸に手すりを付けるとさらにスムーズに開閉が行なえます。二階建て住宅の建設を考えているなら、階段昇降機を取り付けても良いでしょう。足腰が不自由な方でも昇降機があれば、階段の上り下りも楽になります。老後に備えて最初から昇降機を設置する家庭も増えています。昇降機にも色々な種類があるので袖ヶ浦市で探す際には、ハウスメーカーや工務店に相談してみると良いでしょう。

袖ヶ浦市で住宅を建てる際には、玄関先や駐車場スペースの段差をフラットにしましょう。若い時には気にもしない段差も、体力が落ちてくるとつまづきの原因になってしまいます。階段を設置するよりは、緩やかなスロープを作りましょう。スロープに沿って手すりを付けるとより安全性が増します。駐車場のスペースを広くとると車からの乗り降りが楽に行なえて便利です。