スーツの女性

自分好みのデザイン住宅を建てたいなら展示会に参加しよう

キッチンまわりを考える

間取り図

注文住宅の購入を検討している方は、見た目だけではなく動線を考えた部屋作りを行なう必要がります。デザインにこだわり過ぎて使い勝手が悪い部屋になってしまうと、快適さも半減してしまいます。特にキッチンまわりの設計は入念にプランを立てましょう。毎日の様に料理を行なうのであれば、使いやすさが何よりも重要になってきます。

キッチンまわりは大型の家具を設置することが多いので、充分なスペースを確保して設計しましょう。冷蔵庫がしっかりと開ける広さがあるか、購入した家具がスペース内に収まるか考えながら設計しましょう。近年オープンキッチンが人気になりつつありますが、使い方を考えて設計しないと管理が難しくなることもあります。オープンキッチンは解放感のある作りになっており、料理をしながら家族とのコミュニケーションがとれます。しかし、解放されたスペースは汚れが目立ちやすいという欠点もあります。掃除をこまめに行ない、収納にも工夫が必要になってきます。注文住宅購入の際にオープンキッチンの設置を考えているなら、見えない収納スペースをキッチンまわりに作る必要があるでしょう。

注文住宅では、キッチンとサニタリーが近い設計が主婦に人気です。料理をしながら洗濯を行なえるので家事に掛かる時間を短縮することができます。2か所の動線を考えて設計を行なうと日々を快適におくれるでしょう。注文住宅の購入前には展示会へ出向いて間取りのイメージを膨らませてみましょう。