スーツの女性

自分好みのデザイン住宅を建てたいなら展示会に参加しよう

部屋数や間取り

一軒家

宝塚で一戸建てを建てる時は、家族構成に見合った充分な部屋数があるか確認しましょう。特に子供がいる宝塚の家庭は、子供の数に合うだけの部屋数の確保を心掛けましょう。小さい頃は兄弟で一緒の部屋を使うこともできますが、成長と共に窮屈さを感じることがあるでしょう。加えて思春期になるとプライベート空間が欲しくなってきます。子供部屋は成長に合わせて作り変えることができる様に、最初から少し広いスペースを確保しておきましょう。

宝塚で一戸建てを建てる時は、可動式の壁や仕切りをうまく使い分けてみると良いでしょう。可動式の壁があると、子供の成長に合わせて広さの調節を行なえます。子供が成長した後には仕切りを使って収納スペースに変更することもできますし、趣味部屋に変更することもできます。間取りの関係で子供の数に合わせた部屋数が確保できないなら、可動式を取り入れて対応していきましょう。

一戸建ての設計を行なう際には、子供部屋をリビングから遠い位置に設計しましょう。リビングは家族が集う賑やかな場所になるので、子供部屋が近いとプライバシーの確保が難しくなってきます。試験や受験の際に勉強の妨げになることもあるので、子供部屋は生活音が届きにくい遠い位置に設計するのがオススメです。プライベート空間と共同空間を切り離すことで、より良いコミュニケーションがとれることもあります。どの様な間取りの一戸建てを建てるか迷った時は、宝塚の設計士やハウスメーカーのスタッフに相談してみても良いでしょう。